【ルイヴィトン】サルヴァトーレ フェラガモ 2016年秋冬ウィメンズコレクション – 色彩を弾ませポップに遊んで

ルイヴィトン

サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)の2016-17年秋冬ウィメンズコレクションが、2016年2月28日(日)に発表された

ピンク、オレンジ、レッド、パープル…色彩のエネルギーを存分に感じされるシーズンである裾に広がりをもたせたり、緩やかなカーブのショルダーラインに仕立てたり、多少の味付けは、もちろんあるのだが、基本はロングなシルエット

ノースリーブドレスやハイネックトップスなどを筆頭とした、細長いパレットに、鮮やかな色彩を溶け込ますその手法が面白く、フレアスカートには、縞模様のように異なるカラーをパッチワークヴィトン ベルト スーパーコピー一つひとつ、計算された配色で丁寧に色を置いている一方で、境界線はジグザグとした不規則なライン出来上がったスカートは、裾が丸みを帯びているためか、一つひとつ色のセクションが花びらを想起させ、一輪の花のようにも映るヴィトン 財布 コピー

この色遊びは継続して実施例えば、プリーツドレスは、パープルの上にホワイトを配置そこからは、まるで地層のように様々な色を重ねていくのだが、白の間に挟まれたカラー素材自体には、プリーツが施されているため、縦の動きをなし、色彩と加工が異なるベクトルで個性を発揮プレイフルな一着を完成させている

また、効果的な黒の差し方にも注目色と色の狭間で顔を出したり、堂々と一色で勝負にでたり…特に単色の場合はアグレッシブで、洋服の上にメタルカラーの流れるように走らせ、生地と生地の間に境界線をつくり出している光沢のあるレザー、ふわふわとしたファーと、異なるテクスチャーを取り入れるといった、利口な働きも見て取れる