【ジバンシィ】ジバンシィのリカルド・ティッシが手がける、初のパリ国立オペラ座のコスチューム・デザインを公開

ジバンシィ


Photo credits: Agathe Poupeney – Opéra national de Paris / Inez & Vinoodh

ジバンシィ バイ リカルド ティッシ(Givenchy by Riccardo Tisci)のクリエイティブディレクターであるリカルドティッシが、パリ国立オペラ座のガルニエ宮のアトリエとオペラコスチュームのデザインしたリカルドティッシにとって、初めて手がけるバレエコスチュームのソロプロジェクトとなった

熟練された職人技術とのコラボレーションは、オートクチュールを制作していくのと似ているというオペラ座バレエ団芸術監督のブリジットルフェーブルからコスチューム制作を依頼されたことがきっかけで、今回のプロジェクトが実現したジバンシー スーパー コピー

「バレエ衣装をデザインすることは、デザイナーとしてのひとつの夢です

過去に大きな舞台やオペラ衣装を依頼されたことが何度もありましたが、ずっと決心がつきませんでしたところが、この依頼が来たとき多くの理由で『yes』というべき時であると感じました

まず第一に、世界で最も大きなオペラ劇場でありフランスを象徴する施設であるオペラ座バレエ団芸術監督のブリジットルフェーブルからコスチューム制作を直々に依頼されたということをイタリア人としてとても誇りに思っています

次に、演目がボレロであるということジバンシィ 財布 コピーマリーナアブラモビッチによる舞台デザインからシディラルビシェルカウィとダミアンジャレによる振り付けに至るまで、奇才で個性的なクリエーター集団によって構成される驚くべきプロジェクトだということですボレロは、激しさそのもの! 音楽は激しく情熱的な感覚を放っていますどうにかしてダンサーたちが裸で踊っているように感じられるデザインにしたいと思いました

コスチュームはダークネスとロマンティシズムという私の二面性を表現していますダンサーが錯覚によってヌードのように見えるよう、チュール素材にホワイトレースの刺繍を施してスケルトン模様を形作った、身体全体をぴったりと覆うキャットスーツを着用していますダンサーは、動物のライフサイクルによって脱皮していくように、また花が花びらを散らすかのように、踊りながらいくつかのレイヤーを脱いでいきます踊るスケルトンは、強く、そしてまた同時に繊細に表現されています」

――リカルドティッシのコメントより