【ディオール】「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展が東京で – 歴代の作品が一堂に、日本との関係にも着目

ディオール

ディオール(DIOR)の展覧会「クリスチャンディオール、夢のクチュリエ」が、東京都現代美術館にて、2022年12月21日(水)から2023年5月28日(日)まで開催される

ディオールの回顧展が日本に巡回

ディオール(DIOR) クリスチャンディオール、夢のクチュリエ|写真74©DAICI ANO

「クリスチャンディオール、夢のクチュリエ」展は、パリを皮切りに、ロンドンやニューヨークなど世界各地を巡回してきた回顧展だ東京都現代美術館で開催される本巡回展では、ディオールの創設者クリスチャンディオールから受け継がれるクリエーションとその感性、そしてメゾンと日本との関係性にも光をあてつつ、70年以上にわたるディオールの作品を中心に紹介するディオール 偽物

ディオール(DIOR) クリスチャンディオール、夢のクチュリエ|写真55©DAICI ANO

全13章から構成される会場では、「ニュールック」を象徴する「バー(Bar)」スーツを筆頭に、過去から現在に至るオートクチュール モデルやアクセサリーなどを展示クリスチャンディオール、そして彼の後を継いだイヴサン=ローラン、マルクボアン、ジャンフランコフェレ、ジョンガリアーノ、ラフシモンズ、マリアグラツィアキウリら、歴代のクリエイティブ ディレクターによって考案された作品を一堂に集めて展示する

戦後パリと「ニュールック」

ディオール(DIOR) クリスチャンディオール、夢のクチュリエ|写真1©DAICI ANO

1947年2月12日のパリクリスチャンディオールの初のコレクションがパリで発表され、これは「ニュールック」と呼ばれることになる第二次世界大戦終結して間もない当時、敗戦国のみならず戦勝国さえも経済の低迷と物資の不足に苛まれるなか、ショルダーはなだらかにカーブを描き、ウエストはコルセットで絞る、そして裾にかけては豊かに膨らませたテーラードジャケットと、ふんだんにプリーツをとったスカートから構成される「バー」スーツは、さならが優雅に開く1輪の花とでも形容できるだろう

じじつ、ディオールのこのコレクションのテーマのひとつは、花冠を意味する「コロールライン」であった第一次世界大戦後の欧米に浸透した、直線的機能的なモダニズムの服飾デザイン──ストレートなラインのジャケットと軽快なショートスカートからなるシャネル(CHANEL)のスーツはその代表例である──とは異なり、ディオールの手がけたコレクションは、シルエットのうえでは第一次大戦以前の曲線的なドレスの優雅さを「夢見る」ものであった

ディオール(DIOR) クリスチャンディオール、夢のクチュリエ|写真2©DAICI ANO

第二次大戦後の荒廃のなか、人びとは古き良きエレガンスを渇望しており、「ニュールック」とはまさにその夢を具現化するものであったようだ同時にこのコレクションは、第二次大戦下、ドイツ軍によって占領され弱体化を強いられることになったパリモードを、ふたたびファッションの首都へと復帰させることになるディオール パーカ コピー

このように、クリスチャンディオールの原点であるとともに、戦後のパリファッションの原点であるとも捉えられる「ニュールック」は、メゾンの歴史においてつねにクリエーションの源泉となってきた会場では、1947年の「バー」スーツを筆頭に、歴代のクリエイティブ ディレクターによって再解釈されてきたドレスなどを目にすることができる

夢と形

ディオール(DIOR) クリスチャンディオール、夢のクチュリエ|写真28©DAICI ANO

過去の優雅さを夢見て、それを優雅なフォルムへと具現化する──ここで夢見られたエレガンスは、しかし、決して曖昧なものではなく、明晰な構築性に支えられていたたとえば、ドレスのファブリックにはチュールを裏打ちし、コルセットはウエストを絞ってバストを押し上げるスカートもヒップを押し出し、全体として立体的曲線的なシルエットを描きだすいわばエレガンスの夢は、建築的な意志に支えられていた

ディオール(DIOR) クリスチャンディオール、夢のクチュリエ|写真24©DAICI ANO

また、過去を夢見るとはいっても、そこには現代的な感覚が働いているふたたび「バー」スーツを引くならば、それは確かに、19世紀末から20世紀初頭にかけてモードから消えかかったコルセットを用いてはいるものの、クリノリンバッスルスタイルなどに見られる重厚な装飾性からは距離をとり、現代的なカッティングやテーラーリングによる簡潔なフォルムに仕立てられているカラーリングもまた、ジャケットはホワイト、スカートはブラックと、過去のドレスの豪華絢爛さとは一線を画する抑制と力強さを感じさせる配色だけをとっても、それは「バー」スーツに着想したアーカイブの数々から見てとることができる

ディオール(DIOR) クリスチャンディオール、夢のクチュリエ|写真18©DAICI ANO

会場では、マリアグラツィアキウリからラフシモンズ、ジョンガリアーノ、ジャンフランコフェレ、マルクボアン、イヴサン=ローラン、そして創業者ディオールに至るまで、メゾンの歴史を遡行するように歴代のクリエイティブ ディレクターの代表作を展示する章を設けているそこからは、過去を夢見つつも、それを明晰な構築性でもって優雅なシルエットへと具現化させるというクリスチャンディオールの身振りが、執拗に鳴り響く低音のようにして感じられるだろう

ディオールと日本

ディオール(DIOR) クリスチャンディオール、夢のクチュリエ|写真12©DAICI ANO

クリスチャン ディオールは世界的に展開するオートクチュールのメゾンの先駆的な存在であり、初めて日本に進出した西洋のファッションブランドであった日本の市井のファッションもディオールがの影響を受け、一例を挙げれば1950年代中期に流行したハイウエストのAラインドレス、いわゆる「落下傘スタイル」は、1955年に発表された「Aライン」を反映したものであった