【エルメス】「エルメスのプティ アッシュ」大阪中之島美術館に、“レザーの耳”招き猫ティーポットなどオブジェが集結

エルメス

「エルメスのpetit hープティ アッシュ」が大阪中之島美術館にて、2023年4月29日(土祝)から5月18日(木)まで開催される

「プティ アッシュ」再創造のものづくりを紹介

Illustration by Shinsuke Kawahara ©Charly GospIllustration by Shinsuke Kawahara ©Charly Gosp

「プティ アッシュ」とは、使われずに埋もれかけた様々な素材に命を吹き込み、新たなオブジェを生み出すメチエ(部門)2023年現在クリエイティブディレクターのゴドフロワドゥヴィリユーのもと、「さかさまのクリエーション」と呼ばれるものづくりを実現する「プティ アッシュ」は、いわば“発想の実験室”である

Illustration by Shinsuke Kawahara ©Charly GospIllustration by Shinsuke Kawahara ©Charly Gosp

「プティ アッシュ」のものづくりに使用される素材は様々エルメス オレンジ系 コピーレザー、シルク、クリスタル、陶器、馬の毛、金属など、他のメチエで使用されなくなった素材を用いて、職人やアーティスト、デザイナーによる多様な組み合わせとアイデアで、美しさと機能性を兼ね備えたオブジェを製作している

「プティ アッシュ」のオブジェが集結

Illustration by Shinsuke Kawahara ©Charly GospIllustration by Shinsuke Kawahara ©Charly Gosp

「エルメスのpetit hープティ アッシュ」では、様々な素材から生み出された「プティ アッシュ」の新しいオブジェの数々と、そのクリエーションのプロセスを紹介レザーの耳をつけた招き猫のティーポットや、ユニークなお弁当箱、クリスタルの花瓶に生けたレザーの盆栽、シルクとレザーのバードシェルフなど、独創的で遊び心に溢れた作品を目の当たりにできるバーキン スーパー コピー

Illustration by Shinsuke Kawahara ©Charly GospIllustration by Shinsuke Kawahara ©Charly Gosp

また会場の空間デザインは、長年にわたり「プティ アッシュ」の活動に関わってきたアーティストの河原シンスケが担当独自のジャポニスムを感じさせる表現で知られる河原は、今回は舞台美術のような書割を用いて空間を構成する

さらに、「プティ アッシュ」の世界へと誘うナビゲーターには、蛙、兎、馬、猿などの動物たちを選択独特のタッチで描かれた動物たちが、展覧会をより盛り上げてくれる

展覧会概要

「エルメスのpetit hープティ アッシュ」
会期:2023年4月29日(土祝)~5月18日(木)
会場:大阪中之島美術館
住所:大阪府大阪市北区中之島4-3-1
時間:
2階多目的スペース 展示エリア(入場無料) 10:00~18:00
1階ホール 販売エリア(入場無料 / 要予約) 10:00~18:00
2階芝生広場 プティ アッシュ カフェ 11:00~18:00
※展示エリアは混雑状況により入場制限をする場合あり
※プティ アッシュ カフェは天候により中止の可能性あり
<予約方法>
■1階ホール 販売エリアへの入場
第一回予約開始日:4月14日(金)11:00~
第二回予約開始日:4月28日(金)11:00~
※LINEの公式アカウントで友だち登録のうえ、ウェブサイトにて予約
※電話予約の受け付けなし

【イベントに関する問い合わせ先】