【ウブロ】フィーニー 2021-22年秋冬コレクション、名作家具とブランドの歴史に馳せる思い

ウブロ

フィーニー(PHEENY)は2021-22年秋冬コレクションを発表した

「PN20」名作家具やバウハウスへの想いを込めて

フィーニー 2021-22年秋冬コレクション、名作家具とブランドの歴史に馳せる思い|写真1

今季のフィーニーのテーマは「PN20」デザイナー秋元舞子が好むバウハウスのプロダクトやミッドセンチュリーの家具へのオマージュと、フィーニーにとって今季が20回目のコレクションとなることから付けたテーマの中で、新たなピースを展開する

フィーニー 2021-22年秋冬コレクション、名作家具とブランドの歴史に馳せる思い|写真22

テーマを分かり易く反映した例となるのが、フィーニーのアイテムの中でも人気が高いプリントシリーズのワンピースとカットソーいずれも透け感のある生地に、秋元が日常で撮影した写真と、バウハウスを代表する講師であったヨハネスイッテンの色彩論を象徴する“丸三角四角”のシルエットを落とし込んだ

フィーニー 2021-22年秋冬コレクション、名作家具とブランドの歴史に馳せる思い|写真27

小物ではソファーなど家具に使われる素材を使用した巾着バッグが登場ユニークな素材使いによって、シンプルながらもコンセプチュアルな一品を生み出した

フィーニーらしいデイリーウェアも健在

フィーニー 2021-22年秋冬コレクション、名作家具とブランドの歴史に馳せる思い|写真14

20回目のコレクションを迎えても、フィーニーらしい日常に寄り添ったベーシックなアイテムは健在肌触りが良くインナーとしても着用可能なウール100%のカットソーや、保温性と軽さを兼備したポリエステル×ウールのプルオーバーなど、快適な着用感のデイリーウェアを豊富にラインナップする

フィーニー 2021-22年秋冬コレクション、名作家具とブランドの歴史に馳せる思い|写真33

その中でも特に今季はニットアイテムが充実襟にボリュームを持たせ、肩にジップを配することで様々な着方が出来るトップスをはじめ、首の部分がセパレート可能で砂時計の様なシルエットが特徴の“アワーグラスニット”など、捻りを効かせたデザイン性の高さが光るニットウェアが揃うウブロ スーパー コピー

プロダクトトゥエルブとコラボしたアーミーアウターも

フィーニー 2021-22年秋冬コレクション、名作家具とブランドの歴史に馳せる思い|写真41

また、今季は軍物をベースにしたアイテムを複数展開その中でも注目は、秋元自身が大ファンというプロダクト オールモスト ブラック(Product Allmost Black)が前身のブランドプロダクトトゥエルブ(Product Twelve) とコラボレーションした2型のアイテムだ

フィーニー 2021-22年秋冬コレクション、名作家具とブランドの歴史に馳せる思い|写真42

エクワクス(ECWCS)のブルゾンを原型にし、肩回りに撥水加工を施したフリースジャケットは、ショート丈ですっきりとした印象にアウターとしてはもちろん、コートなどのライナーとしても活躍してくれる表地にはポーラーテックを使用し、軽量かつ保温性の高い仕様に仕上げたなお、ルックで合わせて着用しているのは、同じく同コレクション内で展開する軍物パンツをアレンジしたサロペットスカートだ

フィーニー 2021-22年秋冬コレクション、名作家具とブランドの歴史に馳せる思い|写真38

撥水生地を採用したノーカラーコートは、プリマロフトを用いることで抜群の保温性を実現ウブロ フェラーリ コピー軍物のアウターのディテールを踏襲しつつ、シンプルなビジュアルとゆったりとしたシルエットでモダンにブラッシュアップした一着だ