【IPHONE ケース】アンダーカバー 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション – 心に燻る冷たい炎

IPHONE ケース

アンダーカバー(UNDERCOVER)の2022-23年秋冬ウィメンズコレクションが、2022年3月9日(水)、東京国立代々木競技場 第二体育館にて発表されたテーマは「Cold Flame」エレガントでフォーマルなウェアに、パンクスピリットを散りばめ、心の奥底に燻る、冷たい反逆的な炎をイメージした

エレガンスか?パンクか?静かに灯る冷たい炎

アンダーカバー 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 心に燻る冷たい炎|写真1

無音からスタートした会場に、プラットフォームのヒールパンプスで歩くモデルの足音が響き、観客の視線をランウェイへと集中させたブラックのセンシュアルなドレスには、身体のラインをなぞるようにゴールドのジッパーが配され、ある時はペプラムを、またある時はスリットを強調する音楽が聞こえはじめ、盛り上がりを見せ始めた頃になると、黒に赤が混ざり合い、かと思えば花を咲かせた

アンダーカバー 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 心に燻る冷たい炎|写真28

対照的とも思える無垢な白は、マニッシュなスタイルでの提案グッとウエストを絞ったシルエットのジャケットは、ベストとのピースでクラシックな魅力を纏い、パワーショルダーで力強さを増すドレープが美しいワイドパンツは、トップスとは全く異なるテクスチャーで、起毛の柔らかさも加えられているiphone ケース 通販

アンダーカバー 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 心に燻る冷たい炎|写真38

ディテールのみだったゴールドが大胆に差し込まれたことで、パンクなムードが勢いを強め、一方で官能的なエッセンスとクチュールライクなシルエットも強く現れ始めたエレガントなドレスルックに輝く、エッジィなアクセサリーや過激なディテールは、80年代のパンクロックなファッションを彷彿とさせ、対照的な表現の混在が如実となる

アンダーカバー 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 心に燻る冷たい炎|写真57

次に登場するのは、先ほどとは対照的にブラック1色のテーラードジャケットの中はきちんとネクタイまで締めたシャツ、ボトムスはタイトなスラックスへと変わり、正装としての威厳が醸し出されているとは言え反逆的な精神は宿り、ウエストにはレザーのベルト、肌が透けるニットのトップスが用いられた鼻と耳までを完全に覆うそれは、服でありながらもある種アクセサリーやメイクのような役割も果たしている

アンダーカバー 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 心に燻る冷たい炎|写真67

トレンチコートやニットカーディガンが予期させるのは柔らかな日常かと思えば、それらもスタンダードなわけがなく、全て片腕のみのアシンメトリーな身頃とマフラーが一体化したスタイルビーズやガラスビジューで表現されたパンキッシュなタータンチェック柄のライダースジャケットは、反逆的なスピリッツを昂揚するヴィトン 犬 キーホルダー

アンダーカバー 2022-23年秋冬ウィメンズコレクション - 心に燻る冷たい炎|写真111

ラストにかけては、ビジューのハート模様が揺れるカクテルドレスやショッキングピンクのフェザードレスが現れる最後は、ランウェイを巻き戻したかのように、ジッパーが配された“あのドレス”が再来するが、最初とは異なって色と装飾に溢れているナイトシーンを彷彿とさせるドレスに、コンパクトなライダースジャケットが組合わせられることで、艶かしさとタフさが異質の共演刺激的な鋲とともに花や鳥の刺繍が施されたジャケットは、時に肩を分断してショールのような繊細さも加味し、過激なエレガンスを漂わせた