スレトシス 2016年春夏コレクション – “HAPPINESS”が詰まった花々のハーモニー

スレトシス(Sretsis)が、2016年春夏コレクションを発表。今季のテーマは「HAPPINESS IS…」。デザイナーのピム、クライ、マティナは、過去に訪れた幸せの度数で豊かさをはかる国“ブータン”をインスピレーション源に、遊び心と“HAPPINESS”がいっぱいのコレクションを完成させた。

 

にこやかにほほ笑む花たちが、あらゆるところで幸せのハーモニーを奏でるワードローブ。ブラウスは、フラワーモチーフの刺繍、そして大ぶりのフリルをあしらうことでスイートな印象に。ホワイトデニムのルックには歌う花を大胆にプリント。アクセントとして花を象ったビンテージライクなボタンが添えられ、少しずつクラッシュ加工を施すことでグランジな要素もプラスした。

素材の調和によって生まれるハーモニーもそうだ。「今シーズンのアイテムの中で一番お気に入り」とピムが語ったトラの刺繍を配したジャケットには、スエードのような柔らかい質感のガーメンツを採用している。威厳あるトラの強さを中和する要素は、ソフトな素材だけでなくディテールでも感じ取れる。ポケットのふちにつけられたハートのモチーフ、鼻先に止まった蝶々やマニキュアを塗った手…たくさんのフェミニンに紛れたトラはまさに幸せの象徴。

 

また、レースやフリル、チュールの組み合わせ、繊細なカッティングも目を引いた。立体感と透明感を生み出すクチュールライクなギミックは、ワンピースやブラウスに施され、レイヤードしても楽しめるようになっている。そんなソフトなスタイリングにエッジを加えていたのは赤いタッセル、キラキラ光るイヤーカフ、連なったヘッドピースなどのアクセサリー。小さな仕掛けが少しずつミックスされることで、ラグジュアリー感が増幅していく。

ブータンの旅で知った幸せの価値。彼女たちは「それぞれの人が幸せのかたちを考えられるようにと思って、あえてISの後は“…”にしました。そして、洋服たちがそのきっかけになってくれれば」という。自然体の“HAPPINESS”は、女の子が生まれながらにして持っているものであり、それを引き立たせるスレトシスのスタイルにあるのだろう。