【ルイヴィトン】ルイ ヴィトンが衣装デザイン協力 – 初音ミクのオペラ「THE END」で着用する衣装のデザイン画を公開

ルイヴィトン

渋谷慶一郎と岡田利規によるボーカロイドオペラ「THE END」に、スペシャルコラボレーションとして、ルイ ヴィトンの協力が実現した

作品中でミクが着用している衣装は、ルイ ヴィトンのアーティスティックディレクター、マークジェイコブスと彼のスタジオチームが、2013年春夏コレクションを、初音ミクの体型や彼女が持つ独特の雰囲気に合わせてデザインしたオリジナル作品

当コレクションでは、幾何学的な世界をロマンチックに表現し、ルイヴィトンの代表的なモノグラムモチーフを用いていない初めてのコレクションとなっているモノグラムの代わりに多彩な色と素材で作られたさまざまな大きさの四角による市松模様のダミエ柄が使われ、服やアクセサリーにくっきりとしたグラフィカルな印象をもたらしていたlouis vuitton コピー

この直線的なデザインはバックや靴にも展開ミクが持つ、ルイ ヴィトンのアイコンバッグのひとつである「スピーディ」を再解釈したバッグは、オリジナルのかたちを、あえてスクエアやキューブ型に作り直されているシューズは長いポインテッドでアッパーにリボンをあしらい、大胆な幾何学模様を作り出しているヒールにはスクエアにデザインされたメタル製だ

この衣装を着た初音ミクがデジタライズされた映像は「THE END」初演の来場者だけが目にすることができるという、前代未聞のコラボレーションだ尚、チケットは既に全公演完売しているルイヴィトンコピー

■オペラ公演「The End」について
2013年2月1日(金)、2日(土)に、山口情報芸術センター[YCAM]のスタジオAで上演される、音楽家の渋谷慶一郎とチェルフィッチュ主宰の演出家岡田利規による新作オペラ歌手やオーケストラは一切登場せず、YAMAHAが開発した音声合成ソフト「VOCALOID」による音楽とキャラクターの映像を中心に構成された作品だ