【ルイヴィトン】サルバム 2017-18年秋冬コレクション – 日本での最後のショーを原宿で

ルイヴィトン

サルバム(sulvam)の2017-18年秋冬コレクションが、2017年3月25日(土)原宿ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館にて発表されたヴィトン 財布 スーパー コピー

日本での発表する最後のコレクションとなる今シーズン2017年1月にイタリアで開催されたメンズファッションの見本市「ピッティイマージネウォモ」の際と同じピースを使用し、コーディネートを変更して発表されたここには”着る人が自由に洋服を楽しんでほしい”という思いが込められている、とデザイナーが語る

 

その言葉の通り、素材使いも自由でオルタナティブにテーラードに基本を置くサルバムは、今回もギャバジンをベースに展開それに加え、迷彩柄のウールや、レザー、ストライプ柄といった素材や柄が使用され、それらがパンツやジャケット、トップスなどのピースに組み変わる様々なものに変化し得る可能性を示しているようだ

 

ジャケットやコートから、スカートまでもが常識的な縫製を大胆に崩し、あえて未完成さを強調するように再構成されていくストライプのシャツの肩口からは、まるでフリルのように切りっぱなしの生地を配した縫い目もずらされ、パンツやジャケットの至る所にステッチが走り、まるで模様のような自由な線を描く

さらに、モデルたちが着用していたヴァンズ(VANS) のスニーカーの靴紐は、まるでハイカットを履くように足首にぐるぐると巻きつけられたり、そのまま解いてルーズに遊ばせている3メートルの長さがあるこの靴ひもは、ショーのためにデザインされたもの靴からデザイン、コーディネートまで、1つの型にとらわれずその可能性を追求する自由なファッションへの探究心を感じさせてくれるショーとなった

ヴィトン リュック コピー